授乳を頑張った結果の下垂乳

もともとバストは大きめ、小学校から大きくて走ったりするのに揺れるのがコンプレックスでした。

胸が大きいからといって正直得することは今まで一度もありません。

異性からも性的な条件としてチェックされるので気持ち悪いです。

そんな大きなバストにコンプレックスを抱いたまま子どもを授かり出産しました。

私の場合、母乳を与えるのに何も問題がなかったのでそうしました。

子どもは女の子、少ない量を回数で母乳を飲むタイプで出産後はすぐに1時間おきの授乳パターンになりました。

最初のほうはかよわい赤ちゃんの吸引力でも乳首が切れたり、切れても痛みに耐えて授乳したりと大変だったことを思い出します。

退院しても母乳で授乳を続けました。

大きくなるにつれて頻度は減りましたがそれでも朝夜関係なく2時間おきの授乳でしたので

睡眠不足からか自分の体力が持たず寝た状態で授乳をするようになりました。

寝ころんだ姿勢で授乳となると乳房を思いっきり子どもの口まで伸ばすということになります。

それを一日に何度もそして長期間続けていったので当然、乳房がながーくなりました。

昔、子どもをたくさん出産したおばあちゃんのおっぱいみたいな感じです。

もう皮膚まで伸びています。

聞いた話によるとバストの上の筋肉が切れてしまえばもう二度と戻らないということですが本当でしょうか。

確かにその筋肉はなくなっているように思います。

もしくは他に方法はないでしょうか。

洋服を着たときにバスト位置がかなり下になるので恥ずかしいときもあります。

そこで色々と調べてモテアンジュを試しています。元通りとまでは行かなくても、少しはマシになってくれることを願っています。

 

柔らかすぎるバストは重力にはかてないのか?

長年水パイで悩んでいる30代です。

私は若い頃ころからやわらか過ぎて、水のようなバスト通称【?水パイ 】です。

寄せたりあげたりすればある程度のカップはあるのですが、何せ水のように、たゆんたゆんと流れてしまいますので、ブラジャー選びから大問題です。

下着屋さんに買いに行って測ってもらうとBカップ。。。しかし腰を曲げ前かがみになると集まってくるバストはEカップ程度あります。

どちらに合わせて買うかまず店員さんとじっくり話し合って決めます。

最近流行りのワイヤーレスでは、流れていくのは必至です。

 

ブラをしている時はまた良いですが、お風呂などで外すと、蜘蛛の子を散らすようにサッと流れてしまいツルペったんに見えます。

そして、どんどん垂れていきます。元々のバスト位置が下めのため少し垂れただけでもズドンと下がって見えるのです。

さらに、出産と加齢で重力に引っ張られてデコルテはゴツゴツしてきました。

どうにかこれ以上垂れないようにバストクリームやナイトブラを購入しました。それでも中々効果は現れませんでした。

 

ちょっと諦めつつ整体の先生に相談室ら、胸筋と脇の筋肉を鍛えたらどうかとアドバイスを受け、ただいま実践真っ最中です。

はじめてまだ3日ですが、何となくバストに張りが出てきた感じがします。

垂れて輪郭を失ってしまったバストにうっすら丸みが戻ってきたので、これは!と思いこれからも続けていきたいと思っています。

昔から柔らかく大きくて悩みです

中学生から胸がどんどん大きくなり、高校生でDカップありました。

持久走や走る競技の際ほんとに嫌すぎて猫背になりながら走っていました。

また、体操服をつまんで揺れているのが見えないよう対策をしてました。胸が本当に柔らかいので友達にも触られたり、彼氏も胸目当てだったり。嬉しいことはないです。

そして24歳になるんですけど(Fカップ)柔らかいので乳がたるみやすくなってきました。いつのまにか乳首が下にさがっているように感じます。

寝る際もブラジャーをつけたら形がよくなるやら、着けたら癌になりやすいなど色々聞いてきましたがなにを信じたら良いのかわからず。でもあたしは着けて寝ないと乳が両サイドに行くので離れ乳になりそうなので毎日着けて寝ています。

窮屈な気持ちになりめすが離れて乳はいやなので。また、ブラジャーもFカップとなるとデザインが可愛いのがなくいつも選ぶのに苦戦しております。シンプル系が多く小さいサイズのデザインが羨ましか感じます。

盛りブラなどなぜ乳を盛るのか訳がわかりません。盛りブラをすすめられるのですが盛らないやつ下さいと店員さんに伝えます。ブラジャーを購入した後パットを取りこれ以上乳を盛らないように必死です。大きいことは良いことですが2カップくらい小さくしたいなとつくづく思います。

Kostenlose Homepage erstellt mit Web-Gear

Verantwortlich für den Inhalt dieser Seite ist ausschließlich der Autor dieser Webseite. Verstoß anzeigen